2010年01月09日

■祝!安全地帯復活!

今でも昔のアルバムをよく聴くんですが、ついに復活です!
シングルが3月発売だそうですが待ち遠しいですね〜。


蒼いバラ/ワインレッドの心(2010ヴァージョン)(限定盤DVD付)

蒼いバラ/ワインレッドの心(2010ヴァージョン)(限定盤DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2010/03/03
  • メディア: CD




自分の音楽的琴線を育んだ原点、原典ともいいましょうか。
それが安全地帯です。子供の頃からその類稀なる音楽センスに
衝撃を受けまくっていた自分にとってその存在は大きい・・・割には、
家族から今回の話を聞いたんですが、とにかく嬉しい限り。
ラベル:音楽 安全地帯
posted by ドミナント at 06:20| Comment(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

■「がくっぽいどコンテスト結果発表」を観て思ったこと

GACKTの声を使ったボーカロイド「がくっぽいど」を使った
作品のコンテストの結果発表がニコ動で生放送してました。
プレミアム会員じゃないので観れないだろうと思って
タイムシフト機能を使って、無事視聴。

参加総数255作品、しかも参加していない作品までも
観て回ったそうで彼の本気度が凄まじいほど伝わります。
多忙な中を真剣に一つ一つ観て回ったらしく、
流石のGACKTもこんな感じの言葉が出てました。
「本当に、大変だった・・・」
「泣いたね・・・すごい量で」
「もうね・・・ほんと勘弁して」
本当にグロッキー状態だったみたいです。

それにしても思いのほか熱く語ってましたね、
実際、風邪引いて熱(38℃)があったみたいですが。
私も最近はめっきりですが、作曲するんで、
曲の構成とか、歌詞の意味とか、プロの視点での
感想が聞けたのは、人様の作品の話でしたが、
とても有意義で、ためになりました。



そんなコンテストの話も良かったんですが
自分の中で一番収穫だったのはマリスミゼルの話。

優秀賞の作品をあれこれ解説している時に
「昔の歌い方に似てる・・・マリスの時とかね」とか
「"Ju te veux(ジュテヴ:マリスの曲)"に似てるね」とか
マリス時代の話をしていたのが印象的でした。
というのも、マリスを脱退した当時、
あまり良い流れじゃない形での脱退だったので
いちファンとしては「何故?」としか思えませんでした。

あの頃はヴィジュアル系全盛期で、マリス以外にも
あれこれ聴いてましたが、少なくともマリスを超える、
厳密に言えばGACKTを超えるヴォーカリストのいる
バンドはなかったと思います。あのヴィジュアルに
素晴らしい歌唱力がありながらの脱退。
正直ショックでした。

それからソロ活動をはじめ、しばらくはCDも買ってましたが
マリス脱退のはっきりとした原因が見えないままだったので
自分の中で起こるモヤモヤしたものが処理しきれず
次第に興味が薄れていきました。まぁ懐具合が
厳しくなった事が離れる主な要因ですが、それは置いといて。

以前からマリスからソロへのサウンドの変化で
彼がやりたい音楽の方向性は分かってはいましたが、
はっきりとした答えとして理解出来なかったんですが
その長年のモヤモヤが昨日のGACKTの話で払拭できました。

雪月花-The end of silence-/斬 ~ZAN~<通常盤>

雪月花-The end of silence-/斬 ~ZAN~<通常盤>

  • アーティスト: GACKT,GACKT.C,Chachamaru
  • 出版社/メーカー: Belta Records
  • 発売日: 2009/12/09
  • メディア: CD




それは番組の最後に新曲「雪月花」の説明をした時に言及していて、
彼は数年前からアメリカンでもブリティッシュでも
ジャーマンでもない、日本ならではのロック・・・
「ジパングロック」を追求したいという思いが強くなったそうで、
少しずつ日本的な要素を入れた作品を作り続け、その流れの一つに
新曲「雪月花」が出来た、という経緯があったそうです。

マリスのサウンドもゴシック風でありヨーロッパ風の
音楽表現なので、日本ならではの独自性はない
(日本人が作り、日本語で歌ってはいるが)ですが、
GACKTの中では、そういう○○風の表現をすればするほど
葛藤があったそうです。

その葛藤の果てに、彼の「ジパングロック」という
方向性が生まれた。その言葉を聞いて私の中で長年抱えていた
「何故=モヤモヤ」が取り払われた思いがしました。



話は戻って。番組で今回のコンテストの曲をCD化する話が出ました。
突発的なアイディアなんで、今後それが本当に可能かどうか
協議がなされるそうです。中には「がくっぽいど」ならではの
曲があるので、本当に歌えるのかどうかも確認する必要が
あるそうですが、もしCDが発売されたら買おうと思います。
そうなると数年ぶりにGACKTのCDを買うことになりそうです。

本当にCD化が実現されるように応援します!
ラベル:ニコニコ動画
posted by ドミナント at 00:00| Comment(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

■マイケルジャクソン・映画「THIS IS IT」感想

数日前になりますが、やっと観ました。
もしかしたら観に行けないんじゃないかと思ってたんですが
知人のお誘いを受けて行ける事に。先週の金曜に
映画の公開が終了したのでギリギリセーフでしたね。

【09/12/04追記:映画は19日から再上映されるそうです!】

まず率直な感想として。
改めて、あまりにも惜しい人を亡くしたと思うと同時に
「良い物」というのは問答無用で観ておくべきだなぁと思いましたね。


マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



続きを読む
ラベル:音楽
posted by ドミナント at 19:28| Comment(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

■林田健司・誕生日

本日11月23日は林田健司の誕生日です。
おめでとうございます!
今後の益々の活躍を期待してます。


■ガンダムのボーカリスト達がユニットを組んだようです

さて話題は変わって。2chのネタじゃないですよ。

VガンダムのOPを歌っていた川添智久(元リンドバーグ)、
同EDを歌っていたinfixの長友仍世、
GガンダムのOPを歌っていた鵜島仁文。
この3人が『TOP GUN』という名前の
ユニットを組む事になったそうです!

エキサイトアニメでのインタビュー記事
http://anime.excite.co.jp/interview/0811topgun01.php

V〜Xのガンダムはド真ん中世代なので
本当に驚きましたねぇ。もう、まさに夢の競演ですし。
今日、初のイベントがあったそうですが
どんな感じだったんでしょうねぇ。
ラゾーナだったら行けなくもなかったんですが…。

活動自体は来年から本格的にするそうなんで
今後の展開に期待が膨らみます!
posted by ドミナント at 23:46| Comment(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。